ワダチログ

同じ轍(てつ)を踏んで時間を無駄にしないための情報ログ

BitBucketからGitlabへリポジトリを移行する

f:id:redxxiii:20180606214749p:plain

これまでBitBucketのプライベートリポジトリを個人開発で使っていたのですが、最近はGitlabが割と流行っていたり色々できるということを小耳に挟んだので、移行することにしました。その時の手順を記します。

 

ちまたではGithub買収に伴いGitlabに移行するプロジェクトが急増したみたいですが、その流れに乗るわけではないですよ!

 

1. Gitlabにログインして、新規プロジェクト作成画面へ移動

f:id:redxxiii:20180606200248p:plain

 

Gitlabへのログインは以下から行なってください。

gitlab.com

2. Import projectでBitbucketを選択し、インポートプロジェクト選択画面へ移動

f:id:redxxiii:20180606200632p:plain

3. BitbucketからGitlabにインポートしたいプロジェクトを選択してインポートを実行

f:id:redxxiii:20180606203017p:plain

①:Import all projectsボタン。Bitbucketの全プロジェクトをGitlabにインポートしたい場合にボタンを押す

②:From Bitbucket項目。Bitbucket上のプロジェクト名が表示される

③:To Gitlab項目。Gitlabへインポートした際のプロジェクト名。デフォルトはBitbucketでの名称が引き継がれるが、ここで変更することが可能

④:Status項目。Importボタンが表示されているプロジェクトは、未だGitlabに移行されていない状態。Import後、Doneが表示されている場合はImport済みという状態